2012年12月16日

日本髪資料館再開!

今年の二月で閉館した日本髪資料館が再開されるそうです!

ホームページによると、

日本髪資料館は2月再開。
紅先笄さんでの体験予約は1月7日から受付。
美容室のほうも1月から完全予約で営業。

とのこと。

しかも12月2日付けの告知ですよ‥。最近たまにしかチェックしてなかったので、全然気がつきませんでした。またまた突然のことで、今はまだうれしさよりも驚きの方が大きいです。

でも、石原先生が再開できる状況になったと言うことですよね。だとすればとても喜ばしいことです(^^)
ご無理のないよう、また多くの方々に日本髪のすばらしさを伝えていただきたいです。

紅先笄さんのほうも、これまで利用していたファンの方はもちろん、利用したいと思いながら利用できないうちに閉店になってしまった方まで、きっとまた多くの方で予約がいっぱいになるんでしょうね(^_^;)

私もぜひまた伺いたいですが、どうやらもうちょっと先になりそうです。



タグ:紅先笄

2012年12月13日

またまた東京駅

出かけたついでに寄ってきました。

前回も行った「東京おかしランド」を覗いてみましたが、さすがは平日。大行列だったカルビーのショップはなんと行列なし!

思わず、本日分の販売が終了したのかと思いましたよ。

並ばず普通に買える♪と言うわけで、前回は買わなかった「ポテりこ」を買いました。

12_2.jpg
一見「じゃがりこ」のカップに入っているので、「できたてじゃがりこ?」という感じですが、ちょっと違う。

食べた感じとしては、「じゃがりこ味のフライドポテト」。ただ普通のフライドポテトよりも表面がカリカリしています。おいしいかったです(*^^*)


続いてこれまた前回同様「東京ラーメンストリート」で遅いお昼。15:00過ぎでしたから、さすがにどこのお店も行列はなく、すんなり


‥と思いきや、前回行った六厘舎だけは行列ができていました(゚Д゚;)すごいなあ‥。


今回は別なお店に行きました。

12_3.jpg
つけ麺じゃないのを食べたかったので。

「麺や 七彩」の喜多方らーめん味玉付き。麺は幅広の平べったい縮れ麺。醤油味のスープはあっさりめなのにちゃんとダシが利いていて、とろとろのチャーシューも味玉もおいしかったです。

あとは「SmaSTATION!!」で見て気になっていたヨックモック(「おかしランド」の隣にあります)の南青山ロールでも買って帰ろ〜と思っていたのですが、東京駅店ではカット販売をしていないそうで。さすがにまるごと一本は多いのであきらめました(^_^;)こちらはまたの機会に。

東京駅と言えば、この秋に復元された丸の内駅舎。こちらも見たかったのですが、そこまでの時間はなくこれまた次回に。


歩いていたらこんなものを見つけました。

12_4.jpg

ガンダムカフェ。今月20日オープンだそうです。
東京駅、ホントいろいろ仕掛けてますね〜。

posted by ぷにすけ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常その他

2012年12月03日

「自前」舞妓さん体験グッズ

今月、アンケートのお題にしました「自前」舞妓体験グッズ。

もともと着物が好きという方はもちろん、変身体験を通して着物や舞妓さんの持つ和小物に興味が出てきたという方の中には、ちょっとした小物を自前でお持ちの方もいらっしゃると思います。

買うきっかけは、最初から「変身体験に使いたいと思って」という方もあれば、「ともかく欲しくて買ってしまった。でも使い道はあまりないし変身体験にでも」なんてパターンまで、いろいろありそうですけど(笑)

大きな花かんざしは難しくても、ビラ止めなどの小ぶりのかんざし類や櫛、舞妓さんがお座敷に持ち歩くかご。マイおこぼをお持ちの方もいらっしゃいましたね〜。踊りをやってらっしゃる方は、舞扇が自前なんてこともありますし、こうした自前の品々をお店に持って行って、体験の際に利用するのもなかなか楽しいです(^.^)


ちなみに、他の人が持っているのを見て「それは思いつかなかったな〜」という自前品の一つが「からげ紐」。お引きずりを上げて縛る紐ですね。

12_1.jpg

外出可のお店なら確実に使いますし、ある意味最も使える自前アイテムかもしれません。


舞妓さんの使っている和小物は、変身体験だけでなく、普通の和装や和装以外の場面で使えるアイテムも少なくありません。せっかく変身体験を通して和の伝統美に触れたんですし、それをほんの少し手元に置いてみるのもステキかな〜なんて思います(*^^*)



参考資料「舞妓さんのお道具帖

資料室でも紹介している本です。芸舞妓さんが使っている京小物から花街文化を学びつつ、それを自分の生活の中に取り入れる手引き書のような本。写真いっぱいで「舞妓さんグッズカタログ」のようにも楽しめる本です。