2013年11月17日

舞のポーズ

舞妓さん「らしい」ポーズとして、やっぱり撮りたい舞のポーズ。

単純に「舞扇を持ったポーズ」ならまだいいのですが、

11_3.JPG
@花風

11_4.JPG
@華陽

↑こんなのとか、「プラン内に含まれる写真のポーズ」の「彩」さんや「夢工房」さんのポーズみたいなの。


振り付けの一部からとったような「ちゃんとした舞のポーズ」となると、これは難しいです。とても(´Д`;) お店の人に、振り付けというか形としてのポーズは教えてもらうのですが、でも何か違う。

踊りをやってる人ならそんなことにならないのでしょうが、未経験者が形だけまねしても、上手いこと同じにならないんですよね。多分姿勢とか体の使い方が根本的に違うためだと思います_l ̄l●lll

というわけで、踊り未経験者の私が未経験者なりに、お店の人にポーズ付けてもらうときに+αで注意していることを。

踊りをやってらっしゃる方からはいろいろダメ出しはありそうですが、ご容赦のほどm(__)m あくまでも変身体験のためですので(汗)


とにかく立ちポーズの場合は、足を「イ」の字にし、腰をおとす!

11_5.JPG
@紅先笄

これを気にしているだけでも、だいぶ「ぽく」見えます。腰はかなり落としていいです。自分ではだいぶ落としているつもりでも、写真撮ると全然そう見えない( ̄▽ ̄; 「あんなに膝曲げてたのに!?」って思うくらい、ただ突っ立ってるようにしか見えません。
↑の写真も、自分的にはかなり膝を深く曲げて腰を落としたつらい姿勢です。


そして、手先はキレイに。指先は開かず揃えるといい感じです。

あ、あと猫背にならず背筋はのばすことでしょうか。肩は怒り肩にならないよう、下げ気味に。

なんていうか、日本舞踊って優雅に見えて、実はかなり大変なんだなと思い知らされます。気をつけているつもりでもなかなかうまくいかないし、何回やっても、いい感じにできたりできなかったり(;-ω-)a゙

11_6.JPG

こちらは座りポーズ。パッと見はわからないのですが、ぺったり座っていません。わずかに立て膝になっています。これも結構きついポーズです。足がぷるぷるしてきます。



こういう本も少し参考になるかもしれません。
資料室「実技 日本舞踊の基礎」

続きを読む

2013年11月09日

パソコン買い換え?

今週はひたすらパソコンくんのご機嫌取りに追われていました。

以前から時々不機嫌になることはあり、それでもだましだまし使っていたのですが(´Д`;)

今回はとにかくフリーズしまくり、落ち着いてきたと思ったらCDは飲まれるし、ブラウザは起動しないしで。

まあフリーズの原因と、CD、ブラウザの問題はそれぞれ別だったようですが、毎日起動する度に事が起こり、とにかくこの1週間は振り回されっぱなしでした。

もう5年使っているマシンですしね(^_^;) まだまだ全然使えるつもりでいたのですが、次のマシンのこともそろそろ検討しないと行けないのかな〜と思います。

ちなみに飲まれたCDの画像。

11_1.JPG

ツイッターで、話題にした麿眉な十二単姿をアップしようと画像の入ったCD入れたらうんともすんとも言わないΣ(´□` ) ハゥ しかも開かない。無事救出できて本当によかった‥。

実は原因はパソコンでなくCD自体にあったのでマジでやばかった‥。

11_2.JPG

自分の眉は消して上の方に描き、歯にはお歯黒。お歯黒もこのときが初体験でした。

体験学習的な変身体験ならともかく、いつもの自分とは違う「美しい」自分になりたい変身としては、やりたい方はあまりいないかもしれない‥。今の美意識とは明らかに違いますしね(^_^;)お店でも普通はこんなメイクしないところを、お願いしてこうしてもらいました。

私のあとに十二単をやるというお客さんが、来店早々私のこの姿を見せられて「自分もこうなるのか!?」と心配してました。まあ無理もない( ̄▽ ̄;

でも私はまたやってみたい。

麿眉体験計画の第二弾として抱いている密かな野望は「お市の方」。あの肖像画まんまのメイクでやってみたいです。

そういえば、本日公開の映画「清洲会議」のお市様も麿眉メイクですね。



あ、あと男性バージョンもやってみたい。大河ドラマ「平清盛」みたいに。


※上記十二単体験をさせていただいた「つじ井プランニング」さんは、現在閉店されています。他の体験の写真はこちらにも載せています。




posted by ぷにすけ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常その他