2011年02月03日

「お化け」の装い

本日は節分。節分には「お化け」といって仮装をして厄をはらう行事があり、京都を始め各地の花街にその風習が残されています。芸妓さんたちは趣向を凝らした様々な衣装で、普段の流派とは違った踊りをお座敷で披露しますし、舞妓さんたちは普段とは違う髪型を結ったり、黒襟をかけた町娘風の衣装を着たりして「お化け」を楽しみます。

最近では花街内だけでなく、様々なグループが企画する一般の方の「お化け」も多数いらっしゃるようで、節分の京都市内ではそうした「お化け」の皆さんも見られるそうです。本来「お化け」は、花街だけでなく一般の方も楽しんでいた行事ですから、ある意味本来の形なのかもしれませんね。

舞妓変身体験でも、この時期限定の装いを体験できるお店があります。黒襟の衣装を着られたり、地毛結いでおふくや割れしのぶ以外の髪型を楽しめたり。髪型だけでなくかんざしも、くす玉や風車といった季節の花かんざしとは少し違ったものを挿したりもします。

2_1.jpg
黒襟の衣装の舞妓さんです。
もえぎさん@ペンション祇園

さすがに節分の日限定ではなく、多くは2月いっぱいまで体験可能だったりしますので、興味のある方はそうした体験もいかがでしょう。体験できるお店はいくつかあるようなので、気になるお店に問い合わせてみるといいかもしれません。

私は黒襟の衣装は体験させてもらいましたが、変わり髷はまだほとんど体験したことがありません。かわいらしい髪型がたくさんあるので、ぜひいろいろな髪型を体験してみたいです(^o^)

管理人の「お化け」変身体験はこちらのレポートもぜひ!

 → 「お座敷ごっこオフ」

あと、こんな「お化け」変身もさせてもらいました。

 → 「お稚児さん」 その1 その2

舞妓さんよりもさらに年齢設定が低い姿ですが、お化けは「本来の姿とは異なる姿」に変身して厄をはらう行事ですから、大いに厄よけになったはずです(笑)



「お化け」については、資料室でこちらの本を紹介しています。

 「京のオバケ―四季の暮しとまじないの文化」

興味のある方はぜひ読んでみてください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43169507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック